地味になりがちな冬場のファッションを楽しむ

冬になるとファッションのパターンが限られており、外にいるときにはジャケットやコートを着ているスタイルが多くなってしまっています。

冬場はコートを着ていることが多く、地味目の格好になってしまうので、マフラーや手袋のカラーなどにこだわってファッションを楽しむようにしています。

また、休みの時にはなるべく、カジュアルな格好をするように心がけており、カラフルなダウンジャケットやダウンベストなどを着用しています。

また、私服の時にはムートンのブーツなども履くようにしており、防寒機能とお洒落を同時に実現させるようにしています。

冬のファッションはとても難しいので、職場の同僚のコーディネートなども参考にしながら自分のコーディネートを考えるようにしています。

職場などでコーディネートが同僚とかぶってしまうことはなるべく避けたいので、そういった意味でも他の人の普段の格好はとても参考にしています。

また、室内ではコートなどのアウターを脱ぐことになりますが、アウターを脱いだときに相手に与える印象が少し代わるような格好をするようにしています。

寒い時期のコーディネートは結構難しいですが、いろいろと勉強をしながらお洒落を楽しんでいます。

コメントは受け付けていません。